メンズ

管理に気をつけるべきエレベーター|定期メンテナンスで安全運用

清掃を怠った場合の問題

エレベーター

建物の設備管理を行なう上で、最も重視しなければならないのが、エレベーターです。通常エレベーターは利用する人の安全を考慮し、構造上非常に頑丈に作られています。そのため、わざわざメンテナンスなどの管理をせずともよいだろうと考える人も多いでしょう。しかし、どのような機器でも、定期的なメンテナンスを怠れば、すぐに機能性に問題が生じてしまうものです。いかに頑丈に作られたエレベーターでも、毎回使用し続ければ機器内部にチリやホコリが付着します。微細なチリやホコリは、外気に直接触れることもないエレベーターの内部にも簡単に入り込みます。ホコリは空気中の湿気を捉えて水分を保持する作用があるので、金属にホコリをつけたまま放置すると、すぐにサビてしまいます。また、細かいチリはエレベーターの駆動系に入りこみ、動作を阻害することや、金属部分との度重なる接触により表面を摩耗させることがあります。たかがホコリやチリだと考えていると、すぐにエレベーターが使用不可の状態となってしまうため、定期的なメンテナンスは設備の保守をする上で重要なのです。

エレベーターのメンテナンスを行なう会社では、エレベーターの筐体内部だけではなく、設備のすみずみまで掃除を行ないます。筐体上部にある整備をするための出入り口を利用し、筐体上部に登りモーター部分や鋼線、コンピューターの指示を伝える動線の一本一本に至るまで点検します。部品の点検をしながら綺麗にホコリやチリの掃除も行なうので、メンテナンスの依頼によってエレベーターの故障を未然に防ぐと同時に、設備の劣化を防ぐこともできるでしょう。故障した後に修理依頼をすると高額な費用が掛かりますが、メンテナンスであれば費用負担も安いので、気軽に依頼することができるでしょう。

利用頻度は高い

外観

建物に階段とエレベーターがある場合、多くの人は建物の利用者が階段も使うので、それほどエレベーターは使われないと考えます。しかし、利用者側からすれば、便利なエレベーターの利用頻度は高いので、設備への負担は大きいのです。定期的なメンテナンスを依頼することで、故障を未然に防げます。

詳細を読む

整備不良による問題

模型

エレベーターの劣化を放置すれば、マンションなどの利用者側が建物自体に不信感を抱くようになるため、問題となります。エレベーターの保守点検を行なう会社であれば、コンピューターへの修理なども行なうので、動作に関しての問題にも対処できます。

詳細を読む

便利な比較サイト

集合住宅

エレベーターの保守点検は、エレベーターを開発しているメーカー側に任せることができます。しかし、地元にメーカーの事業所がないと、こうした定期点検を依頼できない場合もあるのです。会社の比較サイトを利用することで、地元にある安い会社へ依頼することもできるでしょう。

詳細を読む